【漫画ネタバレ感想】リクドウ 129話「キッカケ」

12月30日
今週のリクドウの感想です。
週刊ヤングジャンプで連載中。

前回のあらすじ
A級トーナメント準決勝リクVS神代の試合が開始。
開始前に金的殴りをしようとする晴司だが、リクはそれをガード。




今週の話
晴司のDQN行為で観客の怒りは頂点に。
そして

KIMG0486.JPG

殴り返すリクに観客は大喜び。
二人はコーナーへ。今回馬場会長が出した指示は「殴るべき瞬間が来るまで攻撃をもらわないこと」
いつもは「偵察がてら殴られてこいや( *`ω´)」なんてことを平気で言う会長だが、食らえば即致命傷の晴司のパンチが相手ではそれは出来ない様子。

そしてゴング。
リクへの声援と晴司への罵声で沸き立つ会場だが、リングの上の二人は冷静にジャブで牽制し合う。

KIMG0488.JPG

静かな攻防が続く。
やがて退屈してきた観客の声は「打ち合いあくしろよ(´Д` )」の野次に変わるが、もはや二人の耳に会場の声は聞こえない。

そして1R終了目前を知らせる拍子木が鳴る。

KIMG0489.JPG

KIMG0490.JPG

最初の攻防を制したのはリクだった。

続く

いよいよ試合開始。
多くの人から声援を受けるという経験のない状況に置かれ、変に浮き足立って突っ走るんじゃないかと思ってましたが、リングの上のリクは相変わらずなようで安心。
馬場会長の指示からは「殴るべき瞬間はいずれ訪れる」的なニュアンスが読み取れますが、やはり神代姉弟の弱点・突破口は既に見えてるんでしょうか。




この記事へのコメント

  • 東日本新人王

    更新しないんですか。。。?
    いつもすごい楽しみにしてました!
    2017年03月17日 14:59
  • きくらげ

    >東日本新人王様

    楽しみにしていて下さったのですね。
    ありがとうございます(・∀・)
    そして申し訳ありません(´・_・`)

    現在私生活が鬼のように忙しいため一旦更新を停止しております。
    そのうち再開するかも分からないのでその時はまた読んでやって下され~
    2017年03月17日 22:32